痛みの種類。|町田はりきゅう治療院 Haku

痛みの種類。


災害による体調不良の治療を承ります。
↑コチラをクリック

痛い・・・とても辛いし、自分にしか分からないので他人には理解してもらいにくい痛み。

痛みには種類があるのをご存じですか??

東洋医学(中医学)では、痛みの種類は、症状の判別から治療の指針にとても重要な項目なのです。

痛みはからだからのメッセージ。

痛みを継続し続けると、痛みを感じる閾値(いきち)が低下して、痛みに敏感になるそうです。

痛みは放っておいてはイケないのです。

今日は『痛みの種類』をご紹介しますね。

【脹痛】(ちょうつう)
膨満感や脹満感を伴う痛み。

胃や腸などガスが溜まるとともに痛みを感じる方が多いです。
愛気(ゲップ)や失気(オナラ)をすると痛みが軽減します。
食後や空腹時に感じる方も多い症状です。

気の流れが滞る:気滞(きたい)を起こしていることが多く、止まった状態。
流れを良くすることが先決。
胃の気滞が長くなると食べた食物が胃の中で腐敗して口臭(腐臭)につながることもあります。
ストレスの多い方。

【重痛】(じゅうつう)
重い感覚を伴う痛み。

脚がむくんだ時に感じる痛み。
もしくは、身体全体が沈むような重だるさを伴った痛み。

水分代謝が悪くなっていることが多く、
多くは不規則食事(油濃いもの、甘いもの、アルコールの常飲)などで
痰湿(たんしつ)体質に傾いた状態。

梅雨時期や、湿度の高い環境に居ると悪化しやすい。

運動不足、偏った食事の見直しをしましょう。
汗をかきにくくなっているため、運動は発汗するまで行いましょう。

【刺痛】(しつう)
ちくちくと差し込むような痛み。

月経前半に起こる生理痛などに起こりやすい。

瘀血(おけつ:血の流れが停滞してドロドロになった状態)で
子宮筋腫などに繋がりやすい。

熱性と寒性の瘀血があるため、容易に対処すると逆に悪化してしまいます。

今日はここまで。

他にも、
【灼痛】(しゃくつう)・【冷痛】(れいつう)・【隠痛】(いんつう)・【絞痛】(こうつう)・【掣痛】(せいつう)
があります。

明日、アップしますね。

痛みから身体のメッセージを受け取ってくださいね。

GWはどう過ごされますか?

沢山の喜びとともに。

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

【身体改善、始めませんか?】

固まった脂肪や慢性化した肩こりに悩む全ての女性に。

美整体 (びせいたい)

リラクゼーションとともに、慢性化した肩こりなどから起こるボディラインの乱れまでも改善!
新しい健康美容です。

美整体をさらに詳しく ⇒ コチラ

この季節だから効果も倍増♪

70分 ¥9,450(消費税込み)

徹底的な痩身ダイエットは ⇒ コチラ
プログラムコースで痩せやすい身体作り。個々の部分痩身にも対応致します。

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

     すべての女性のキレイのために。

東洋医学の自然療法で健康とキレイに導く

ホリスティック サロン

  中医鍼灸・アロマセラピー・エステティック

隠れ家サロン Haku (町田 エステ)
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

価格

( )内は消費税込みの価格です