5月12日のつぶやき。|町田はりきゅう治療院 Haku

5月12日のつぶやき。

           抱きしめて欲しかったら

           抱きしめてあげましょう。

人間、時にはさびしくなるものです。
パワー消耗しちゃう時だってありますって。

パワー消耗しちゃっている時こそ、
寂しさを感じるのかも。

時に。

こころは裏腹な『感情』を表現してきます。

『なんか足りない!』
『もっと!!もっと!!』

『誰かちょ~だい!!!』

こんな感情はきっと。

『私を愛して~』という他人に向かったメッセージではなく、

自分が自分のために与える愛が必要なのです。

今日はご自分のために。
嬉しいご褒美をしてあげましょう。

いい香りの石鹸を1つ買ってもいいし。

花を一輪買ってもいい。

お風呂のお湯をたっぷり張って、『ざっぱ~ん!』と入るのもいい(←贅沢でしょ♪笑)

自分に注いだ愛情は、

こころとからだのエネルギーとなって

からだを包みこんで

それが『幸せオーラ』となるんだよ。

********************余談************************

先日、弟から相談を受けました。

『鬱っぽいんだよね。鍼で治る???』

感情(神経伝達)の病気は鍼灸治療の得意分野です。

ちょこっと必死になって資料を集め、鬱について調べました。
西洋医学から何で鬱になるのか?とか神経伝達物質とか、それと東洋医学の証。
臨床の先輩方に治療方法を伺ってどうにか私なりにまとめました。

ま、あとは彼の症状にあわせて。。。と思い、準備をしていましたら、

『気虚』でした。

エネルギーが消耗し過ぎて、生産が追い付かない状況。
並行して『血虚』となり、からだの維持も大変になります。

本人は『疲れやすいなぁ』という感覚でからだからのメッセージを受け取ります。

ちょっと、ほっとしましたが、これは立派な鬱予備軍です。

こういう方は多いだろうなぁ~とお察しします。

セラピストはそういう時、こころから発する声を聞き、
からだの状態を正しい方向へ導くために存在する『道先案内人』かな(^^
(そのためにセラピストは自分の管理がとても大切です)

セラピストが幸せにするのではなく。

みんな、ひとりひとりの『幸せ』を確認する時間を共有させて頂くのだと思っています。

無理は禁物ですが、
無理をしちゃったら、その分解放してあげる。

これだけ社会が拡大した現代だからこそ、とても大切なことだと思います。

*注意*私はまだ鍼灸師の資格を持っていませんので、他人への治療はまだ出来ませんが、学生身分のうちは身内への治療は水面下でヨシ!とされています。
身内はDNAが近いからかな。これは、臨床を積む上でとても貴重な経験です。
『無資格の分際でそんなことは許されない!』と感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、からだにとって大切なこと、鍼灸治療の素晴らしさをお話ししたくて書きました。ご理解頂けたら嬉しいです。

今日も長いつぶやきになっちゃったわ(笑)

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへにほんブログ村
愛の1ぽちっ!に感謝です。元気になれます(^^

□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□□
      Feeling & Healing

      内面から輝くセラピー

   リラクゼーション(緊張の解放)と、
   ヒーリング(バランス調整)
  そしてキレイを求めるメニュー作りをしています。

隠れ家サロン Haku
□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□□

価格

( )内は消費税込みの価格です